村田女子高等学校

保健室案内

保健室利用ガイド

こんなときに、来てください

(1)ケガをしたとき・からだの具合が悪くなったとき

<具体的に教えてください>
症状・・・いつから、どの部分が、どんなふうに (痛い/動かせない/出血/はれ・変形/頭痛/腹痛/めまい/はき気/だるい など)
状況・・・いつ、何をしていて

<保健室は医療機関ではありません>
(2)からだについて知りたいとき
(3)心配なことや相談したいこと、悩みがあるとき
保健室のルール
  1. 保健室へ来る時は、担任の先生や授業の先生またはクラスの誰かに必ず伝えて来てください。
    小さなケガや緊急でない場合にはできるだけ休み時間に利用しましょう。
  2. 来室したら、来室記録用紙(中学生用・高校生用)にケガや病気の様子などを記入してください。
  3. 保健室で借りた湯たんぽや保冷剤などの備品は大切に使いましょう。 また、その日のうちに必ず一度かえして、その後のケガや病気の様子を教えてください。
  4. 具合の悪い人がいるときは、静かにしてください。 保健室、ベッドでの休養は原則的に1時間までです。
  5. 保健室は原則として急病人の手当てを最優先にさせてもらいます。ゆっくり話したいときは、時間をとるので事前に声をかけてください。
    まずは授業をしっかり受けましょう!! 心配なこと、困ってること、からだのことで分からないことなど力になれるかもしれません。
    一人で悩まずに、まずは気軽に話してみましょう。
  6. 保健室は中学生・高校生が一緒に使うことになります。 時にはお互いゆずり合いながら、ルールを守って気持ちよく利用してください。

早退について

直ちに帰って受診や休養が必要であると判断した場合は、「家庭連絡票」を本人に渡して下校させることがあります。

次に登校する際に帰宅後の様子、または病院での診察結果などを記入の上、連絡票にて保健室へご連絡ください。

また病状によって本人だけで帰宅することが危険・困難である場合は、保護者の方に学校までお迎えにきていただくことがありますので、
ご協力よろしくお願いいたします。


疾患による出席停止について

下記の疾患に罹った場合、学校保健法によって出席停止が定められており欠席扱いとはなりません。

但し、登校の再開にあたっては医師による治癒証明が必要になりますので、治療が終了したら治癒証明書を医師に記入してもらい、保健室に提出してください。

治癒証明書はこの下からダウンロードできます。
学校保健安全法によって出席停止が定められている疾患
第1種
  • エボラ出血熱
  • クリミア・コンゴ出血熱
  • 痘瘡
  • 南米出血熱
  • ペスト
  • マールブルグ病
  • ラッサ熱
  • 急性灰白性髄炎
  • ジフテリア
  • 重症急性呼吸器症候群 (SARSコロナウイルスによるもの)
  • 鳥インフルエンザ (病原体がインフルエンザA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る)

上記すべて、治癒するまで
※感染症予防法に規定する新型インフルエンザ等感染症、新感染症は第1種とみなす
第2種
  • インフルエンザ
    発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで(鳥インフルエンザH5N1を除く)
  • 麻 疹
    解熱後3日を経過するまで
  • 水 痘
    全ての発疹が痂皮化するまで
  • 流行性耳下腺炎
    耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹(はれ)が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。
  • 風 疹
    発疹が消失するまで
  • 百日咳
    特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
  • 咽頭結膜熱
    主要症状消退後2日を経過するまで
  • 結 核
    伝染の恐れがなくなるまで
第3種
  • コレラ
  • 細菌性赤痢
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 腸チフス
  • パラチフス
  • 流行性角結膜炎
  • 急性出血性結膜炎
※その他の感染症

上記すべて、医師により伝染の恐れがないと認められるまで

※その他の感染症として、「感染性胃腸炎」「マイコプラズマ感染症」「溶連菌感染症」があるが、本校では原則として出席停止としない

治癒証明書

学校保健安全法によって出席停止が定められている疾患に罹った場合、欠席扱いとはなりません。

ただし、登校の再開にあたっては医師による治癒証明が必要になりますので、治療が終了したら治癒証明書を医師に記入してもらい、保健室に提出してください。

治癒証明書 高校生用(7KB)

治癒証明書

※PDFファイルが開かない場合は上の部分をプリントアウトしてご利用ください。
※プリントアウトができない場合は、養護教諭または担任にご連絡ください。

日本スポーツ振興センター災害共済給付の手続きについて

通学を含む学校管理下で発生した災害・事故によるケガに対して、医療機関を受診した場合の医療費が給付される制度です。

病院の窓口で保険証を使って総額1,500円以上(自費総額5,000円以上)治療にかかった場合が給付対象となり、申請手続きの上で日本スポーツ振興センターより災害共済給付金が支払われますので学校までお申し出ください。

その申請は学校が行いますが、請求に必要な証明書類(センター所定の用紙に、医師などの証明をいただくもの)等については、保護者の方に用意していただくことになります。

給付事由が生じた日から2年間申請を行わないときは、災害共済給付を受ける権利はなくなります。

本校の担当は保健室になりますので、必要な書類の種類や制度内容にご不明な点がありましたらお尋ねください。

なお、必要な用紙は保健室でお渡しします。

日本スポーツ振興センターの災害共済給付ダウンロードページ