search

村田女子高等学校

2018年4月4日
活動日記 学校行事

2018年4月4日(水)入学式 校長式辞

二〇一八年度村田女子高等学校入学式式辞
 
おはようございます。

 はじめに、ご多用の中新入生の門出の日にご臨席を賜りましたご来賓の皆様まことにありがとうございました。今後とも村田女子高等学校第六八期生八十一名の成長を温かく見守り、時には厳しく御指導いただきますようお願い申し上げます。
また、これまでご息女をお庭の教えにより慈しみ、育んでこられた保護者の皆様におかれましてはさぞかしお慶びのことと拝察申し上げます。心よりお祝い申しあげますと共に、青春の貴重な三年間を村田女子高等学校に託していただきましたことに学校を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。まことにありがとうございます。
村田女子高等学校に入学された新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今年の春の訪れは早く、東京では三月一七日に開花宣言がなされました。しかしながら、君達の夢はまだ蕾のままです。
 
まずは、私の夢についてお話しします。
 アメリカの黒人解放運動に大きな功績を残したキング牧師の有名な演説I Have a Dreamに倣えば、私には夢があります。村田女子高等学校の生徒一人ひとりが自分たちの「なりたい自分」を見つけ、その実現に向かって生き生きと学んでいくことです。学校は、全ての教職員は、そのために全力を尽くします。「熱意だけはどこにも負けない」これが村田女子高等学校全教職員の合い言葉です。またそのためにこの春、全国から学校教育の中で様々な先進的な取り組みをし、成果を挙げてきたすばらしい先生方が新しい村田に集まってきました。 
 私には夢があります。村田女子高等学校の生徒全員がなりたい自分を実現し、その結果一人でも多くの人に夢や希望、幸せを分かち与えることです。君たち一人ひとりの夢の実現が他の人の夢の実現となり、やがて社会の発展や人類の幸福につながっていくことです。
 私には夢があります。生徒の夢の実現を教職員の夢とすることによって、生徒と教職員が夢を共有することです。
 私には夢があります。村田女子高等学校を卒業するときに皆さんが村田女子高等学校に来て本当によかったと言ってもらえるようになっていること。卒業後に私は村田女子高等学校の出身ですとみんなが胸を張って言えるような学校になっていることです。
 私には夢があります。いつか、皆さんの子どもたちがこの村田女子高等学校に目を輝かせて入学してくることです。そしてその傍らには夢を実現し、立派に成長したあなた達が誇らしげにたたずんでいるのです。
 
 夢を叶え、より多くの人へ夢を与えるためには学ぶことが大切です。学習して身に付く能力を学力と言います。夢を実現するためにも深い知識と広い視野を手に入れ、学力を高めましょう。学校にきていることだけで満足してはなりません。具体的な力をつけてください。一に学力、二に学力、三に学力です。
さあ始めましょう、新しい自分の始まりです、新しい村田女子高等学校の歴史の始まりです。
 保護者の皆様、数ある高等学校の中から村田女子高等学校への進学をお許しいただきましたこと改めて御礼申し上げます。他の高等学校に比べ進路結果や、校舎の施設、規模においては及ばない点もあろうかと存じますが、「熱意だけはどこにも負けない」という気概を持って、お預かりしたご子女の教育に全力を尽くすことをお誓い申し上げます。
 以上を持ちまして本日の式辞とさせていただきます。
 
二〇一八年四月四日
村田女子高等学校 校長 小野正人
前のページへ戻る