村田女子高等学校

村田学園について

教育理念

村田謙造の建学の精神に基づき、深く専門の学芸を教授研究し、人間性豊かな教養と創造的能力を涵養するとともに、現代の職業や実際生活に必要な専門・実践的知識技能を有する有為な人材を育成する。

建学の精神

創立者村田謙造は「近代的経営の根幹は経理事務の充実であり、『経理の道』は国民常識としてあまねく普及されなければならない」の信念のもとに、本学園の基となる「銀行会社事務員養成所」を、明治42年(1909年)に創設した。これは、実社会において役に立つ、簿記・会計・珠算・税務に関する知識技能を有する有為な人材を育成し、我が国の発展に寄与しようとしたものである。また、村田謙造は尾崎咢から贈られた「有算者勝」(算あるは勝つ)を座右の銘とした。「算」とは計算・経理、計画であり、緻密な計画や信念をもって事にあたれば、必ず目的を達成することができるという真理を教えるものである。本学園創始の精神を承継し、時代の流れを的確に察知する洞察力と、緻密な計画や強い信念をもって事にあたる実践的知識技能を有する有為な人材を育成し、もって社会に貢献することである。

有算者勝

貞風凌俗

理事長メッセージ

学校法人村田学園は、平成21年に創立100年の節目を通過いたしました。

明治42年、創立者村田謙造先生が「簿記は、すべての国民が、常識として、きちんと学んでおくべきである」という理念のもと、「銀行会社事務員養成所」を設立されたのが本学園の出発点であります。また、先生が座右の銘とされた「有算者勝」は、現在の学園の教育理念として引き継がれており、この言葉の意味を広義に解釈すれば、「ものごとに緻密な計画性をもってあたるならば、必ず成功する」ということであります。

本学園は現在、「村田女子高等学校」、「村田女子中学校」の2校を擁しておりますが、いずれの学校におきましても、「有算者勝」の理念のもと、現在の不確実な時代に徒手空拳で立ち向かうことなく、常に確たる数字的計画性を念頭に将来展望を見据え、いかなる時にも自らの立脚地を見失わない人材を、今後も変わらずに育成してまいります。

理事長 岡部徳三

理事長 岡部徳三

村田学園の歩み

有算者勝

創立者 村田謙造(1887-1975)

「簿記は、すべての国民が、常識として、きちんと学んでおくべきである」という信念のもと、23歳で「銀行会社事務員養成所」(のちの村田簿記学校)を設立。日本の「近代化」に教育面で大きく寄与し、以後、商業教育界の牽引車としての役割を果たしてきた。また、昭和の初めにあって、日本経済発展のために女性の社会進出の重要性を説き、昭和6年には、本校の母体となる「村田女子計理学校」(現 村田女子高等学校)を設立した。また、算盤(ソロバン)の革命とまで言われた「村田式計算器」を考案したほか、簿記関係の著作9冊を発表し脚光を浴びた。全国経理学校協会理事長をはじめとする要職を歴任し、昭和40年には勲三等瑞宝章を受章。その「社会に貢献できる人材の育成」の精神は現在の村田学園のゆるぎない根幹を成している。座右の銘は「有算者勝」(算有るは勝る)。

村田 謙造(むらた けんぞう)
明治20年山口県下関市生まれ。下関高等学校、大阪高等商業学校2年終了。昭和50年死去。享年88。

創立者 村田謙造

あせらずに、あきらめないで、一歩ずつ

第2代理事長 村田照子(1926-2006)

父謙造先生のもと、女子高校で数学教師として教鞭を振るい、昭和50年、理事長、校長の職に就いてからは、簿記学校経営の傍ら、女子教育に力を注ぐ。都知事から「学校教育功労者」として、また文部大臣からは「産業教育功労者」として表彰を受け、私学振興への功により勲四等宝冠章を授章。全国商業高等学校長協会副理事長や東京都専修学校各種学校協会会長などを歴任した。教育の現場では「率先垂範」を信条とし、常に生徒や保護者と向き合う姿勢を崩さなかった。「あせらずに、あきらめないで、一歩ずつ」という言葉とともに、「校長講話」の授業で教壇に立ち続け、また晩年まで北軽井沢高原教室で生徒と寝食を共にして、一人ひとりへの細やかで愛情あふれる教育を貫き通した。

村田 照子(むらた てるこ)
大正15年山口県下関市生まれ。東京女子大学数学科を経て明治大学商学部を卒業。平成18年死去。享年80。

第2代理事長 村田照子

沿革

1909明治42年 11月神田一ツ橋通町に「銀行会社事務員養成所」設立
1921大正10年 4月神田区猿楽町に移転、「村田簿記学校」と校名変更
1931昭和 6年 3月「村田女子計理学校」設立
1937昭和12年 1月文部省認定「珠算能力標準レコード」発表、世界にソロバンを紹介
1939昭和14年 1月村田女子計理学校 新築移転(小石川区久堅町98 現在の住所表記では 文京区小石川5-40-18)
1943昭和18年 2月組織を財団法人とする。「村田女子計理学校」を「村田女子商業学校」と改称
1948昭和23年 3月学制改革により、「財団法人・村田学園」を「学校法人・村田学園」と改組。
「村田女子商業学校」は「村田学園高等学校」となる 
1951昭和26年 4月「村田学園高等学校」を「村田女子商業高等学校」と改称
1961昭和36年 10月村田女子商業高等学校を鉄筋4階校舎に全面改築(昭和42年4月 校舎5階を増築)
1965昭和40年 7月村田学園北軽井沢高原寮完成
1974昭和49年 4月村田簿記学校新校舎完成
1975昭和50年 4月村田照子が「村田女子商業高等学校」校長に就任
1976昭和51年 9月「村田簿記学校」は学校教育法に基づく専修学校として認可を受ける
1977昭和52年 10月村田簿記学校2号館完成
1980昭和55年 5月コンピュータによる会計教育開始
1982昭和57年 6月ワープロ導入
1983昭和58年 4月経理高等課程開設。パソコン導入、学生相談室開設
1984昭和59年 12月  村田学園 市川セミナーセンターの完成
村田女子商業高等学校市川校舎および市川グラウンド落成
1986昭和61年 3月我が国初のコンピュータを使った簿記学習のソフト「MCAI」完成
1989平成 元年 10月村田学園80周年記念式典を日本武道館で挙行
1992平成 4年 4月千葉県市川市に東京経営短期大学開学・経営情報学科開設
1996  平成 8年 4月  東京経営短期大学経営税務学科開設
高等学校の名称を「村田女子商業高等学校」から「東京経営短大村田女子高等学校」へと改称
1999平成11年 3月東京経営短大村田女子高等学校 校舎移転(文京区本駒込2-29-1)
1999平成11年 10月創立90周年
2000平成12年 4月東京経営短期大学留学生別科開設
2001平成13年 3月村田簿記学校経理高等課程廃止
平成13年 4月東京経営短大村田女子高等学校普通科開設
平成13年 4月村田簿記学校 校舎移転(千代田区神田神保町1-14)
平成13年 5月法人事務局移転(千代田区神田神保町2-12)
2002平成14年 4月東京経営短期大学「経営税務学科」を「ビジネスマネジメント学科」と学科名変更
2003平成15年 6月法人本部所在地移転(文京区本駒込2-29-1)
2005  平成17年 4月東京経営短期大学経営総合学科開設
平成17年 9月高等学校校長に伊藤淑子が就任
2006    平成18年 3月東京経営短期大学 経営情報学科、ビジネスマネジメント学科廃止
平成18年 4月村田簿記学校休校
平成18年 6月村田照子逝去、理事長に亀田光昭就任
2007平成19年 4月

高等学校のコースを再編し普通科アドバンストコースを新設。
校名を「東京経営短大村田女子高等学校」から 「村田女子高等学校」へと改称
「村田簿記学校」を「村田経営義塾」と改称し開設

2008平成20年 4月村田学園小石川女子中学校開学
初代中学校校長に伊藤淑子が就任
2009    平成21年 11月    村田学園創立100周年記念式典を、ホテルグランドパレスで挙行
市川グラウンドを全天候対応グラウンドにリニューアル
専門学校村田経営義塾閉校
2011    平成23年 1月中庭を人工芝化
平成23年 3月村田女子高等学校開校80周年(3月6日) 中学校・高等学校校長に亀田光昭就任
2012  平成24年 4月  理事長に岡部徳三が就任
中学校・高等学校校長に伊藤淑子が就任
2013平成25年 4月中学校の名称を「村田女子中学校」と改称
2015平成27年 4月中学校・高等学校校長に倉田政子が就任

村田簿記学校卒業生の方へ

各種証明書の申し込み方法

下記のいずれかで受け付けます
  1. 郵送
  2. 電話
  3. 窓口

1.「郵送」で申し込みの場合

次の必要事項を記載したものと、下記2 作成手数料(郵便小為替)・郵送料(返信用切手)とを一緒に郵送してください。
また、その際、本人証明用の身分証明書の写しを1部同封してください。(保険証・免許証・パスポートなど。個人情報保護法のため)
  • 氏名(姓が卒業時と異なるときは、旧姓をカッコ書きで併記。英文の場合はパスポートと同じ表記氏名も併記)
  • 生年月日
  • 郵便番号(現住所)
  • 住所(現住所)
  • 電話番号(携帯など連絡の取りやすい番号を記入してください)
  • 入学年 (例:○○年4月入学)
  • 学籍番号(分かれば)
  • 所属学科名
  • 在学年 (1年制、2年制、3年制 等)
  • 使用目的
  • 証明書種類および通数 (例:卒業証明書 ○通、成績証明書 ○通 在籍証明書 ○通 など)

2.「電話」で申し込み

村田女子高等学校事務室へ電話で申し込みください

TEL 03-5940-4455

3.「窓口」で申し込み

村田女子高等学校事務室1階窓口へ直接来校してください

作成手数料、作成日数、郵送料(支払いは円のみ)について

  1.和文定型証明書     1通 500円
    和文定型外証明書   1通 1,000円
    定型文書は受付後2日、その他文書は受付後1週間程度の日数がかかります

  2.英文証明書        1通 1,000円
    受付後1週間程度の日数がかかります

  3.郵送料
    1~2通まで 120円
    3~4通まで 140円
    5~6通まで 200円
    7~8通まで 240円
  • 速達の場合は別途速達料金をいただきます
  • 海外からの場合は郵送料金が異なりますので各自調べてください
  • 料金は平成28年3月現在のものです
  4.合計金額
    証明書希望通数 x 500円(英文・定型外1,000円) + 郵送料


  郵送先・問い合わせ
  学校法人 村田学園 村田女子高等学校事務室
  所在地:〒113-8665 東京都文京区本駒込2-29-1
  電 話 :03-5940-4455
  F A X  :03-5940-4466
村田学園法人事務局
2016年4月、下記住所に移転しました


〒130-0012 東京都墨田区太平1-20-7

太平町ビル402号室
Tel:03-5809-7581
Fax:03-5809-7582