村田女子高等学校

キャリアデザイン教育

村田の進路指導は、キャリアデザインから始まります。
志望大学だけでなく、みなさんがなりたい夢を探せるよう
コミュニケーション能力、学力、そして将来設計力が身につく環境を整えることに力を入れています。

基本は授業、課外活動、仲間

授業や課外活動、仲間とのつながりが充実しているほど、生き方を考えるチャンスが増えます。行事や委員会活動、部活動などを通して、自分のやりたいことや、自分の個性が活きる場面はどんな時かを知り、その上で職業や進路に関する情報を学んでいく。これが正しいキャリア教育のあり方だと私たちは思っています。学校生活そのものが基本なのです。

基本は授業、課外活動、仲間

自分で見て・聞いて・考える

本校では、「女性のキャリア」について学ぶことに力を入れ、社会で活躍する女性を招き、お話しいただいています。生徒は自分の将来と職業や進路と結びつけて考え、「自分もあんなふうにいきいきと人生を送りたい」と思うようになります。その後に大学情報や職業に関する適性など具体的な情報を提供します。
こうした段階を踏むことで生徒は、「いい大学に入って就職したい」だけではなく、「この分野なら自分の力が発揮できるかも」と考えるようになります。
なりたい職業を今すぐ決める必要はありません。夢が変わったときに諦めるのでなく、対応できる力を養ってほしいと願います。

自分で見て・聞いて・考える

何が起きても対応できる力

本校では担任や進路指導部の教員がキメ細かく面談を行ない、希望する大学に進むための対策を一緒に考えます。「自分で未来を切り拓く力」を身につけた卒業生は、「社会人として、自然に礼儀正しくふるまえる」と定評があります。また、「村田と言えば資格」と言われるように、英語検定や漢字検定、簿記検定や情報処理検定などの受験に、学校を挙げて取り組んでいます。

何が起きても対応できる力